薬の事

始めに処方された薬はコントミンでした。この薬は眠気が強くなる印象しかありません。
その後入院し、ジプレキサを服薬。すごく太りやすくなり、口が渇きました。お薬自体はふわふわして甘かったです。
その後ジプレキサに変更。眠気が出すぎて入院中倒れ眉間を縫うことになり変更。
最終的にはリスパダールに変更され、自分でも一番合っている薬だと思います。
睡眠薬はロヒプノールがお気に入りです。今は仕事の関係上飲んでいませんが、かなり長時間(長いときは12時間)効きました。
前はオーバードーズなどしたこともありますが、一か月分飲んでも口が渇くだけでした。
簡単に、苦しくなく痛みもなくあの世に逝けることは難しいです。

思うこと

精神科の医者は患者に寄り添ってくれます。
そのぶん患者の思いに共感しすぎてくれる感じがあったりします。
上手くいえないのですが、優しい慰めてくれる言葉が多く、厳しい言葉がない感じ。
医者と話すと安心できるし慰められますが、現実の社会では通用しないよなーとか思う部分もあったり。
医者も仕事でその言葉を言ってくれるのかな、なんて考えたり 考えなかったり。